☆ シマウマ

監督:橋本一
出演:竜星涼
   須賀健太
   日南響子
   福士誠治

「キョウリュウレッド」の竜星涼主演ということで見てみたのだが、ダメだね。ツラガマエが全然ダメ。まったく本物のワルに見えない。一生懸命白目ひんむいて見せても、わざとらしくて、いきがってる中高生みたい。無理しないで、好青年役とか、ひょうきんな天然役とか、やってたほうがいいよ。

 一方の須賀健太は、子役から鍛えられているだけにさすがの演技。素晴らしいです。

 日南響子は、アクションは良かったけど、表情がやっぱりわざとらしくて鼻につく。

 後で配役を見て「ゴーカイレッド」も出ていたことに気づき、思わず見直して探してしまった。あれは、言われなきゃ分からんわな。

 依頼人の恨みを回収する、という設定は良かったんだけど、後半は本来の仕事ではない個人的な話が主軸になっちゃって物語がどんどんあらぬ方向に走り出して制御不能に。途中までは「胸がスカッと仕置き人」の世界だったのに、最後の決着に至っては、それはちょっと違うでしょう???

 監督が警察物の大ベテランで、気色悪い描写(例えば吐瀉物とか)に一切手を抜かないということだけは、よぉ〜っく分かりました、ハイ。怪我の特殊メイクもすごい。でも、暴行自体を直接写している場面は少なく「結果」しか見せていないから、思わず目を背けるとか、見ている方が痛くなるといった心配はご無用。暴力的な内容のわりには、落ち着いて見られる。

 どっちかというと、残酷さより脇知弘の気色悪さのほうが要注意かも。「ムカデ人間2」のLAURENCE R. HARVEYに匹敵する不気味さだわ。

鑑賞日:2017年4月26日
製作:2015年・日本


− ビデオ感の目次に戻る
− 映画関連コーナー目次に戻る
− トップに戻る